【2】FX口座比較と初心者の始め方 > 4-2.初心者が読んでおくと良いFX本

4-2-1.資産運用全体でとらえる

サイトマップ【2】FX口座比較と初心者の始め方サイトマップ

資産運用全体でFXを考えよう

 FX一辺倒では、リスク管理が難しくなります。資産運用全体でとらえることも必要です。

 FXは、為替相場への投資ですから、一般的には株式や債券、円預金なども考慮してポートフォリオを作ればよいといわれています。

 私個人としては、円預金、日本株式(インデックスファンド・ETF)、そして、FXによる外貨投資で良いと思っています。

 とにかく、FXに偏らず、資産を分散しておくことが大切です。


為替相場は相対的

 為替相場は、相対的な力関係で動きます。

 世界経済が不況になれば、米ドル、ユーロ、ポンド、円が、その力関係によって、相場が決まってくるでしょう。

 2008年サブプライム不況で、欧米が一番ダメージを受けています。

 日本も不景気です。しかし、日本は、ずっと不景気です。サブプライムと関係なく不景気でした。

 そのため、円が買われ、独歩高になってしまったようです。

 欧米は、サブプライム関連で、景気はガタガタになるだろう。日本も良くは無いが、欧米よりはマシだ。という思考が働いたものと思われます。


新興国はどうなの?

 サブプライム不況は、欧米だけで新興国は大丈夫と思われていました。
 ところが、新興国も、影響をうけ、景気は下降傾向にあるそうです。


資産はどう守る?

 世界全体で、不景気になるのなら、円預金(普通の銀行預金)が、クローズアップされてきます。

 銀行預金(円貨)なら、金利はつかないが、資産が減る事はないです。

 銀行預金はインフレに弱いのですが、日本は不景気なので、どちらかというとデフレに向かいます。

 世界的にも、インフレ率が下がってきています。

 しかも円高なら、円貨の方が価値が上がります。

 円預金の割合を増やすと同時に、外貨もある程度は確保しておきたいですね。
 円高ということは、これから(まだしばらくは円高がすすむかもしれませんが)円安になるということ。
 円高がどれくらいすすむか、見極めは難しいので、今のうちから、少しだけでも外貨を保有しておく必要もあります。

 FXだけでなんとかしようとすると、大怪我することもあります。


元のページ【4-2.初心者が読んでおくと良いFX本



トップページ【初心者のFX外国為替証拠金取引】 相互リンク募集中【相互リンク

【2】FX口座比較と初心者の始め方

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.