【2】FX口座比較と初心者の始め方

3.複利運用に適したFX業者比較

サイトマップ【2】FX口座比較と初心者の始め方サイトマップ

複利運用に最適な条件

  1. 評価益で新規注文が可能
  2. 1千通貨単位で取引可能

1)評価益で新規注文が可能

 評価益で新規注文が可能な業者を探しました(2008年春)。

 一般的に、新規注文ができる資金は、評価益を含めません。利益確定された分が、注文可能金額に加えられます。

 よってどんなに評価益を持っていても、決済しないと新しいポジションを建てることができません。

 これは、複利運用には、マイナスに働きます。

 その理由は、税金です。

 決済すると、その利益には、税金が課せられます。
 くりっく365も店頭取引業者も利益に対して、20%。

 毎年、税金を納めなくてはならないため、運用効率が落ちるのです。

100万円を20%複利で運用する場合
税率 1年後(万円) 2年後 3年後 4年後 5年後 6年後 納税後比較
税率0%(6年後にまとめて納税) 120 144 172.8 207.36 248.832 298.5984 20%:258.87872
33%:233.06093
税率20% 116 134.56 156.0896 181.06393 210.03415 243.63961 243.63961

 そこで、評価益で新規注文が可能な業者を探してみました(2008年春)。
 多くの業者で可能です。

 比較的人気の高い業者を選んでみました。
 (クリックすると、姉妹サイトの説明ページへ)

  1. GMOクリック証券[くりっく365]
  2. 外為オンライン
  3. マネーパートナーズ


2)1千通貨単位で取引可能

 取引単位は、1万通貨単位で行う業者がほとんどです。

 しかし、中には、1千通貨単位で取引可能な業者もあるのです。

 FXの複利運用は、利益がでたら、その分で、新たなポジションを建てることで行います。

 1万通貨単位の場合、30万円で1万通貨建てる必要があるとします。

 1千通貨単位で可能な場合、10分の1の3万円で、1千通貨建てることができます。

 つまり、1万通貨単位のときは、30万円の利益がでるまで、新たなポジションを建てることができません。
 一方、1千通貨単位では、3万の利益が出た時点で、新しいポジションを建てることができます。

100万円を年率20%の複利運用
(30万円で1万通貨、スワップ金利年間6万円/1万通貨)
取引単位 運用資金(万円) 1年後 2年後 3年後 4年後 5年後 6年後 7年後
ポジション数(万)
1万通貨 100 118 136 160 190 226 268 316
3 3 4 5 6 7 8 10
1千通貨 100 119.8 139.6 167.2 200.2 239.8 287.2 344.2
3.3 3.3 4.6 5.5 6.6 7.9 9.5 11.4

 この表では、年末にポジションを建てるように計算しましたが、『必要な金額が貯まったら建てる』ようにした場合、もっと差が出ます。

 このような1千通貨単位で取引可能な業者は、結構、増えました。
 信用力という点から、次の2社のみ名前を挙げておきます。
 (会社名をクリックすると、姉妹サイトの説明ページへ)

  1. YJFX「外貨ex」
  2. FXトレーディングシステムズ


資産を増やすか?月収を増やすか?

 FX業者によって、3種類の利用法があります。

 (1)兎に角(とにかく)資産を増やしたい
 (2)様々な通貨ペアで分散を行いながら、資産を増やしたい
 (3)スワップ金利益を自由に使いたい

(1)兎に角(とにかく)資産を増やしたい

 GMOクリック証券[くりっく365]

 ポジションを決済せずに、スワップ金利益で、新たなポジションを建てていくことができます。
 資産を増やすには、最も適したシステムです。

 さらに、くりっく365です。長期間の運用にも安心です。
 たとえ業者が倒産しても、他の業者へポジションを移管できるのです。


(2)様々な通貨ペアで分散を行いながら、資産を増やし、将来は金利生活

 IG証券株式会社
 ※業者名をクリックすると、姉妹サイトの説明ページへ

 通貨ペア数90種類以上。

 スワップ金利は、ポジションそのままで出金できます。
 複利運用も可能です。税金は毎年納税します。

(3)スワップ金利益を自由に使いたい

 GMOクリック証券「FXネオ」
 ※業者名をクリックすると、姉妹サイトの説明ページへ

 先ほど紹介した業者は、スワップ金利益のみを出金できました。
 ポジション未決済でスワップ金利益のみの出金が可能というシステムでは、毎年、納税しなくてはいけません。

 よって、資産を複利で増やすという面では不利です。

 では、利点は何かといえば、ポジションの決済を考えなくてよいという点です。

 たとえば、100万米ドル/円の買いポジションを保有し、スワップ金利益はだいたい年間300〜400万円とします。

 ひまわり証券やくりっく365では、ポジションを決済しないと、スワップ金利益を出金することができません。

 よって、為替レートが、10円円高に動いていれば、1000万円の損失がでます。スワップ益が300〜400万円ならば数百万円損してしまうということです。

 これは、逆もありで、10円円安に動いていれば、スワップ金利益+1000万円ということですが…

 相場に影響され、つねに為替変動リスクを受けることになります。複利で長期間運用することには向いているのですが、毎年、得た利益を使うことには不向きなのです。

 しかし、YJFXやGMOクリック証券のように、ポジション未決済でスワップ金利益のみの出金が可能というシステムでは、ポジションを決済しなくても、スワップ金利益を出金して自由に使うことができます(評価損があると、それに応じて出金可能金額に違いがありますが)。

 ポジションを決済する必要がないので、毎年、ある程度決まった金額を自由に出金できます。
 ポジションを改めて、作り直す必要がないのです。

 円安で決済すれば、儲けは増えますが、新しいポジションは建てにくくなります。
 (ポジションは円高で建てたいと考えるでしょう?)

 そういう面倒くさいトコを考える必要がなく、毎年、スワップ金利益を出金できます。



【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

【7】想定外の対応



トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

複利運用FX業者 複利運用FX口座


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.